今週のニュース(2017/09/18~2017/09/24)

●9/18(月)
北朝鮮「核武力完成へ疾走さらに」 安保理に反発(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170918/k10011146771000.html
https://megalodon.jp/2017-0919-0452-33/www3.nhk.or.jp/news/html/20170918/k10011146771000.html(ウェブ魚拓)

北朝鮮は、国連の安全保障理事会が今月15日の弾道ミサイルの発射を非難する報道機関向けの声明を発表したことに対し「核武力完成の終着点へと疾走するわれわれの速度はさらに速まる」と反発し、核・ミサイル開発を加速させると改めて強調しました。

今の状態もいつまで続くかね。



●9/19(火)
国連 ロヒンギャをめぐりミャンマーに現地調査要求(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170919/k10011148351000.html
https://megalodon.jp/2017-0920-1829-16/www3.nhk.or.jp/news/html/20170919/k10011148351000.html(ウェブ魚拓)

スイスで開かれている国連人権理事会で、ミャンマーの少数派のイスラム教徒、ロヒンギャをめぐる人道上の懸念が高まっているとして、国連が現地調査の実施を求めたのに対し、ミャンマー側は受け入れを拒否し、各国から調査を受け入れるべきだという意見が相次ぎました。

こちらも解決は遠そうだ。



●9/20(水)
米大統領 演説で北朝鮮非難 中ロの協力が今後の焦点(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011148831000.html
https://megalodon.jp/2017-0921-1903-30/www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011148831000.html(ウェブ魚拓)

アメリカのトランプ大統領は国連総会で初めて演説し、日本人の拉致問題にも言及して核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮を強く非難し、圧力を強めるよう各国に呼びかけました。日韓両国からは評価する声が出ていて、今後、中国やロシアから十分な協力を得られるかが焦点となります。

単純に協力を呼び掛けても駄目だろうな。これは何かしら根回しがあったうえでの発言だろうか?



●9/21(木)
メキシコ地震 死者230人に 徹夜の救出活動続く(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170921/k10011150491000.html
https://megalodon.jp/2017-0922-1924-50/www3.nhk.or.jp/news/html/20170921/k10011150491000.html(ウェブ魚拓)

メキシコ中部でマグニチュード7.1の地震が起きてから30時間余りがたち、これまでに死亡が確認された人は230人に上っています。現地では今も多くの人ががれきの下に取り残されていると見られ、夜を徹しての救出活動が続いています。

死者で230人ということは、けが人・家がなくなった人など被災者全体はすごい数になりそうだ。



●9/22(金)
電通社長 法廷で謝罪の言葉繰り返す(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170922/k10011152431000.html
https://megalodon.jp/2017-0923-1914-45/www3.nhk.or.jp/news/html/20170922/k10011152431000.html(ウェブ魚拓)

電通の山本敏博社長は22日の初公判で、高橋まつりさんが亡くなったことなどについて謝罪の言葉を繰り返しました。

"「以前は仕事に時間をかけることが顧客の要望にこたえることになるという考え方があった」"、"「時間を管理することとサービス品質の向上を追求することは矛盾するという考えがあった」" こういった発言が出たことはかなり大きいんじゃないか。電通だけではなく社会全体として改善していけばよいが。



●9/23(土)
イラン 弾道ミサイルの発射実験成功と発表(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170923/k10011153781000.html
https://megalodon.jp/2017-0924-2011-24/www3.nhk.or.jp/news/html/20170923/k10011153781000.html(ウェブ魚拓)

イランは23日、新型の弾道ミサイルの発射実験に成功したと発表し、大陸間弾道ミサイルの開発につながりかねないとして、イランに対する圧力を強めるアメリカとの間で今後、緊張が高まる懸念が出ています。

最近の北朝鮮の動きとの関連はあるのだろうか。



●9/24(日)
シリア外相「ISとの戦闘 勝利は手の届くところに」(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170924/k10011154031000.html
https://megalodon.jp/2017-0924-2020-10/www3.nhk.or.jp/news/html/20170924/k10011154031000.html(ウェブ魚拓)

シリアのムアレム外相は、ニューヨークで開かれている国連総会の演説で、過激派組織IS=イスラミックステートなどとの戦闘について、「勝利は手の届くところにある」と述べ、最終局面にあるとの見方を示しました。

シリアの問題も複雑だ。



【前】今週のニュース(2017/09/11~2017/09/17) - なにかのさしすせそ
【次】

シャボン玉日記(2017/09/16、2017/09/18)

●チェーン道具の評価
細かいシャボン玉を作る道具の実験を行おうと思ったが、それだけではもったいないので他にもチェーン道具を作ってみて材料としてもチェーンを評価してみることにした。

作った道具は大玉(横100cm、孤200cm)、中連玉(横30cm、孤60cm *5)、細かいシャボン玉道具(200cmのチェーン *10)。液は普段と同じ液(普通の液と網紐用の薄い液)を準備。

まず道具の作りやすさで言えばチェーンは紐よりも簡単じゃないかと思う。孤の部分も切れ目を入れてつなげるだけなのである程度修正もきくし、棒との接続部もチェーンの輪っかがそのまま使えるので○。ただ値段が高い。自分の買った2mm*30mのチェーンは5000円弱した。綿紐なら50mで1000円しないのでチェーンよりは気軽に失敗できる。

チェーン大玉の評価、微妙。大きくしやすさや連続して出せる量など特に問題は感じることはなかったが、チェーンを使うメリットも感じない。振ることで細かいシャボン玉を出せることがチェーンの大きな魅力だと思うが、大玉の輪っかではやりにくいためイマイチ。ただ片付けや持ち運びは楽なので、普段使っている大きさの紐大玉とは別に、大きさ違いのサブ道具として持っておくのはいいかも。風の強さによって最適な輪っかの大きさを選べるようになる。

チェーン中連玉の評価、良い。大玉と同じようにシャボン玉の出来は問題ない。そしてやはり振ったときに出せる細かいシャボン玉が強い。ただやり方が悪いのか振ると輪っかが絡まってしまう。2段3段と増やすとその影響がもっと大きくなりそうなので段組みは厳しそうなのが残念なところ。あと段組みすると段と段の間に膜が張ってしまい良くないということは聞いたことがあるけどどうなんだろうか。ともかく細かいシャボン玉をフルに生かすことを考えると1段に抑えておくのが良さげ。これもまた片づけで洗うのが簡単なので、軽くシャボン玉をやりたいときはチェーン装備がいいかもしれない。

細かいシャボン玉道具の評価、良いが色々調整していく必要がある。10個の取り付け場所を用意したが、まずは間隔を開けて5本で実施。中々良い。できるだけ段同士が重ならないようにし、泡にならず一つ一つのシャボン玉が独立して射出されることが理想。あまり多く段組みするより数を減らして間隔を開けた方が綺麗さは上かも?

10本取り付けると段同士が重なってしまう箇所が多く出てくるようになる。取り付け位置の間隔はその場で調整できるので状況に応じて変えるのが重要か。振り方を考えないと絡まってしまい、絡まったのをほぐそうとするとチェーンがあわあわになってしまう。絡まらないよう制御するのと、発生したあわあわをどう取っていくかが綺麗なシャボン玉を出し続けるために重要か。準備と片付けが面倒になるが泡取り用の水を用意するのも手。連玉やその他の道具にも使えるかもしれないので検討。

細かいシャボン玉に関しても、薄い液より濃い液のほうがたくさんシャボン玉が出る。特に濃い液の方は何回か振ってもシャボン玉が出続けることもあり薄い液に比べてシャボン玉量は圧倒的に多くなる。5段濃い液 > 10段薄い液といった状態。そのため濃い液を使いたい誘惑に駆られてしまうけれども、使い過ぎは液消費量に結構かかわってきそうなので抑えたい。薄い液3-4回ごとに濃い液1回くらいのペースか?使ってみながら調整していきたい。

シャボン玉を出す高さの調整が難しい。この前初めて実験したときは「できるだけ高い位置に出した方が良い」といった結論だったが、実際運用してみると高く上げすぎると人にあたらず飛んで行ってしまい、しかも細かいため少し離れると見えずらくなり綺麗さが認識しにくい状態になりがちなのがわかってきた。うまい振り方を考えているが、絡まりやすさとトレードオフになりがちなところも難しい。あと下手な振り方すると人にあたりかねないのも考えながらやらなくちゃいけないところ。チェーンをうまく使うにはしばらく修業が必要そうだ。

ともあれこれからは新道具として正式にローテーションに加えようと思うので、いろいろ実験しながら完成度を高めていきたい。



●シャボン玉が割れやすかった
シャボン玉が異様に割れやすかった。大玉がほぼ紐から離れるところまでいかない、離れてもすぐ割れるといった状況。はじめは2日前に使った液のあまりを利用していたので液が劣化しているだけかと思ったが、新しい液を作ってもほとんど状況は変わらず。通常夕方になるとシャボン玉が作りやすくなっていくが、状況は多少良くなっていったもののシャボン玉ができにくい状況はあまり変わらず。

天気予報アプリで湿度が低めなことは確認していたが、湿度だけでここまで変わるものか?といった印象。公園には大きめの池があるが風は池の方に向かって吹いていたため、以前立てた仮説「海など水辺の方から風が吹くと風が水分を運んでシャボン玉を作りやすいが、陸の方から吹いてくる風はシャボン玉が作りにくい?」といった状況と一致はしている。もう少し事例を収集したい。



●作り直した連玉が調子悪い
天気が悪かった日を利用して再び連玉を作り直した。輪っかの孤の長さを12cm→15cm強に変更。結構いい感じだと思ったのだがかなり不調。シャボン玉が出る量が異様に少ない。上記のシャボン玉が割れやすい状況も関係しているとは思うが、今まで使い続けている1段目はそれなりの量出ているのに、新しく作った2段-3段目がダメ。シャボン玉が出ないというより、シャボン玉が出る前に膜が割れてしまっているといった感じだった。

一つ思い当たるとしたら「今回初めて使う」という点。綿紐の道具は作ったら余計な汚れを落とすために一晩くらいは洗剤を混ぜた水につけておくのが良いといわれているが、今回はそれをしなかったのが原因かもしれない。とりあえず一度使った + 改めて汚れ落としを行い、次回どうなるかを見て道具を評価したい。多分次回は問題ないとは思うのだけど、今まで起きたことの無い現象なので少し心配。さすがに今回失敗したら作り直しはなしかな。



【前】シャボン玉日記(2017/09/09~2017/09/10) - なにかのさしすせそ
【次】

今日のシャボン玉動画(2017/09/18~2017/09/24)

●9/18(月)

シャボン玉の宝石箱

シャボン玉を入れすぎると綺麗さがイマイチになるな。もう少し大きな筒で中に入るシャボン玉を大きくするとまた違うかも。



●9/19(火)

Bubbles in the School Field

動画の最後に液の配合が出てくるのだけれど、ベーキングパウダーに「ph adjuster」=「ph調整剤」との題がついている。ベーキングパウダーってどんな理由で入れるのか?と前から思っていたんだけれど、ph調整のため入れていたの?深い意味はなく書いているだけかもしれないが気になる。



●9/20(水)

【お絵かき】シャボン玉と絵の具で遊ぶ バブルアート

工夫すればこういう感じので何か面白そうなことできそうなんだけどな。うまく応用できないか。



●9/21(木)

САМЫЙ БОЛЬШОЙ МЫЛЬНЫЙ ПУЗЫРЬ

これは「シャボン玉の中に何人はいれるか」のギネス記録挑戦とかかな?



●9/22(金)

на фоне монумента Свободы в Риге дети и мыльные пузыри 17 6 2017

大玉はすぐ割られてしまったり、割れる子と割れない子が出てきてしまったり一番でかい子が全部割ってしまったりと、道具の仕掛け自体は単純だけど上手くやるのは難しい。



●9/23(土)

Seifenblasen an einem Herbstabend im Englischen Garten

これはデカい。地面にあたって割れてしまっているパターンが多くもったいないので、輪っかの大きさはそのままでもっと棒を長くして、シャボン玉が高い位置で出せるようにするといいのでは。



●9/24(日)

Making people happy with bubbles

シャボン玉プレイヤーへのインタビューかな。



【前】今日のシャボン玉動画(2017/09/11~2017/09/17) - なにかのさしすせそ
【次】