読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休日を有意義に過ごすには

【3日目】

休日を有意義に過ごすには
「休日の前日夜」が大事だと思う。

休日の前日夜は「明日は休みだ!」ということで
ウキウキ気分になりがちであるが、
休日を有意義に過ごしたいなら
ひと踏ん張りすべきところではないかと考える。


1.その日にできるちょっとしたタスクを積み残さない
  「明日は休みだから明日やろう」と思ってしまうことは多々ある。
  ただその残したタスクは明日の貴重なまとまった時間に穴をあけてしまう。
  1時間 と 30分*2 と 15分*4 ではできることは異なってくる。
  また、1時間のまとまった時間は細かく区切ることはできるが逆は難しい。
  まとまった時間が必要であるかどうかはともかく、
  選択肢を狭めるべきではないと思う。
  
2.意味の無い夜更かしをやめる
  明日が休みと言うだけで、誘惑に負けてしまうことがよくある。
  特にみたいわけでも無いテレビを深夜まで惰性で見ていたり、
  布団に入ってからスマホをずっといじっていたり。
  寝るのが遅くなれば起きるのも遅くなるのはあたりまえであり、
  早く起きれたとしても寝不足により活動の質が落ちることは目に見える。
  明日が休みであるからこそ早く寝ることが
  休日の質を向上させてくれるのではないかと思う。
  
3.休日にやることを洗い出す
  せっかく時間を作っても、利用できなければ意味がない。
  その日になってから「さて、何をしようか」と考えるよりも
  事前に用意していた方が無駄なく動ける。
  「やりたいこと」だけではなく、「やらなければいけないこと」も
  もちろんあるだろう。事前に把握しておくことはモレの防止にもつながる。

  
3つくらい偉そうに挙げてみたけどこれって
「自分が実践していること」ではなく
「自分がやらなきゃなあと思っていること」なのよね…。