読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日のサイクリングの反省

4月終わり頃購入した自転車でサイクリングに出かけた。

色々失敗したのでメモしておく。

 

【基礎情報】

 ・自転車はクロスだがそんなに本格的なものでなく

  クロス 2/3 + ママチャリ 1/3 なイメージ

 ・長距離自転車乗るのは久しぶり

  →学生時代通学用ママチャリで一昼夜乗り続けたことがあった。

   今回はこの経験がアダとなったか。

 ・走行時間は11時間(9時 - 20時)

  休憩時間や歩いた時間も含む

 

【反省点】

 ●ゴール設定が無謀だった。

  →片道60kmほど。一応前述の結構走った経験から

   いけない距離ではないだろうと判断した。

   始めなので目的地でコースを決めるのではなく、

   気持ちよくサイクリングできる事を目的とするべきだった。

 

 ●体力が落ちていることを正確に理解していなかった

  →片道の途中(50km弱?)で引き返しを決めた。

   少しの上りでも歩いてしまうくらい体力を消耗していた。

   もっと自分の状況を把握し、鍛えてから長距離に挑戦すべきだった。

 

 ●ルートの特性をきちんと把握していなかった

  →今回は海を目的地として自宅からまっすぐ突っ切るルートを

   取ったが、山越えを甘く見積もっていたため

   往路だけでつかれてしまった。

   また山の中を突っ切るので、コンビニをはじめとした

   休憩スポットがあまりなかった。そのため

   水分補給・エネルギー補給がおざなりになってしまった。

   ルートのアップダウンは激しくないか、それに耐えられるか。

   休憩はどのくらいの間隔でとるか、休憩に適したスポットは

   適当な間隔で存在しているか、など事前確認は必要だった。

 

 ●自転車の能力を理解できていなかった

  →まず大前提として自転車は

   「でこぼこや勾配のない舗装された道路」を走るのが一番良い、

   ということを実感として理解できていなかった。

   歩行者がおらず車も怖いので歩道を走ることが多かったが、

   でこぼこがあるため慎重に進まなければいけなく、

   かなりロスをしていたと思う。

   自転車の能力としては上り能力がどれだけあるか

   わかっていなかった。

   ギアが7段あり、一番軽いのなら坂も余裕かな?

   と思っていたけどそんなことなく、

   重いギアで立ちこぎ→つかれたら徐々に軽く

   が良かった。前半上りをギアに頼り過ぎ逆につかれていた気がする。

   あと少し長い時間乗っているだけですぐお尻が痛くなった。

   後半戦はおしりの痛みとの闘いでもあった。

   総合すると、「一度それなりの距離をテスト走行すべきだった」

   となる。

 

色々な失敗(挙げたものがすべてではない)が重なり

あまり面白いと思えるサイクリングでは無かったが

得られるものもあったので

次回に向けて改善をしていきたい。