読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ歯みがきは続くのか

雑記

「勉強を歯みがきや入浴のように、しないと気持ち悪い・当たり前になるように習慣化する」と言ったフレーズがある。

 

とは言ったもののなかなか習慣化するまで物事を続けることは難しい。なので逆に、なんで歯みがきは続けているのかを考えてみた。

 

 

⚪︎虫歯経験があるので、「やらないと酷いことになる」のが分かっている。

⚪︎やらないと口が臭くなる

⚪︎やらないと口の中が気持ち悪い

⚪︎「あいつ歯みがきしないらしいぞ」とか言われたくない

etc…

 

 

こうしてあげてみると、「やったらこんなに良いことがある」という理由がなく、「やらないと大変なことになる」というネガティブな理由が多い。

 

もちろん言い方の問題でいくらでもポジティブに言い換えることはできるのだろうが、とっさに思いついたのがネガティブな理由なので、そちらの方が本心に近いのでは無いか。

 

自発的に習慣化を目指す事柄は、メリットを期待しての事が多いと思う。「運動を習慣化して痩せたい、健康になりたい」など。

 

ただ、メリットを期待するとそれが実際に得られなかったり、すぐに得られなかったりすると、続けるモチベーションが途切れてしまうこともある。

 

逆に「運動しないと太る、病気になる」などデメリットを防ぐためを理由としてみると、習慣化しやすいのかもしれない。