読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次につなぐ

雑記

 仕事で困っているとき、藁をもすがる思いで検索したキーワードに自分の抱えている問題ドンピシャの記事を見つける。そんな経験はないだろうか。

 

 ネットは知識の宝庫だ。ただし玉石混交だ。目当ての情報を探し出すのにいくつもの情報をつき合わせたり、考え付く限りのキーワードを組み合わせてやっと答えを見つけ出せることもある。ただ、そんなときでも「答え」を見つけ出せたのは、だれかがその記事を書いていてくれたからである。

 

 ネットをもっと良くしよう。石を取り出したなら磨いて玉にしていこう。さっきの例でいうと、自分が探すのに苦労した情報のリンクを纏めて「こことここを参照して解決しました。」とすれば、自分のした苦労をしないで済む人が少しだけ減るかもしれない。その「少しだけ」がたくさん集まればどうだろうか。

 

 教科書に書いてあることは、全て昔の「新発見」だ。昔の人の発見をあたりまえのものとして身につけられるからこそ、その知識をもとに新しい発見がさらに積み重ねられていく。

 

 世界中の人が次の人のための情報ををインターネットに流して言ったらどうなるだろうか。世界はもっと加速できるのではないか。もちろん玉石混じるのであろうが、またその石を磨いてくれる人が出てくるはずだろう。