読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日置いたお菓子はおいしい?


他の人に理解してもらえるかどうかはわからないが、封を開けてから一日たった食べかけのお菓子がすごくおいしく感じる時がある。

あまりお菓子を食べる習慣が無いからかお菓子一袋食べきれない事が良くあり、食べかけをしまっておく。次の日などにあまったお菓子を食べるとなんだか前の日よりおいしく感じる。

空気と触れて絶妙に酸化しうまみが増したなどといった化学的な理由なのか、量が残り少ないことによるプレミア感からおいしさが増して感じられると言った精神的な理由なのかは分からないが、おいしく感じる時があるのは確かである。

良く感じるのはチョコレートだ。100円くらいの板チョコを買うと大体半分くらいで飽きてしまうのでそのまま銀紙に包んで置いておく。次の日に残りを食べるとなんか美味くてすぐ食べ終わって「もうちょっと食べたいな」となる。次の日に食べると味の飽きがリセットされるからかとも思ったけど、それならばもう半分食べた時も同じように飽きがこないとおかしいと思う。

誰かこの答えを知る人はいないかな~と思うけれども、その前にこれと同じことを思っている人が他にいるのかどうかが問題だ。