【シャボン玉】ホウ砂と毒

大きく割れないシャボン玉を作るのに、軽くスライム化させれば良いんじゃないかと思いホウ砂を購入したが、毒性があるとのことなので使うのに躊躇している。シャボン玉を飛ばすと高確率で子供が寄ってきて割るため、可能な限り安全な液を使う方が良い。実際に使うかどうかは置いておいてとりあえずホウ砂の毒性について把握しておく。


スライムをつくる

なお、ホウ砂には毒性があります。手でさわる場合は吸収が遅く、健康に問題があるほどの危険はありませんが、傷口には速やかに浸透し、毒性を発揮します。口から摂取した場合は幼い子供の場合5~10g程度で嘔吐・下痢・ショック症状があり、死に至る場合もあります。面白い実験ですがくれぐれも子供だけで行うことの無いよう注意してください。


tec2-5

ホウ砂 ヒト(60kg)の半数致死量(g) 270~360


スライム

 スライムの原料は、ホウ砂とPVA (ポリビニールアルコール)成分の合成のりで、これらを水に溶いたあと混ぜて作ります。この内、問題になるのはホウ砂で、最小死量が0.1~0.5㌘/kgで、体重20kgの子供の場合2~5㌘の量になります。
 作り方のパンフレットを見ますと100ミリリットルの水に10㌘のホウ砂を溶くようになっていますので、これを誤飲した場合致死量になってしまいます。薬局で、スライムについて質問や原料を販売するときは、事故の起こらないよう取り扱いには十分注意するよう指導してください。


Q4.ホウ酸・ホウ砂の安全性は? | セルロースファイバー.com<岐阜 名古屋 愛知 三重 静岡>

ホウ酸・ホウ砂の毒性は、食塩と同等で致死量は2000~4000mg/kgです。


やっぱり使うのはちょっと怖いかな。ただシャボン玉の場合はスライム程固くしなくても良いので、使うホウ砂の量も少なくていいはず。一応ホウ砂は1%程度の濃度で目の洗浄に使うらしいので、それ以下にしておけば大丈夫かもしれない。まあ何かあってもいけないのでホウ砂を使ったシャボン液を使う際には何かしら対策をとるようにしよう。