読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャボン玉日記(2016/09/10)

メモ

●新道具 はしごシャボン玉
以前から考えていた道具を作って試してみた。完全に見た目からつけたネーミングだが「はしごシャボン玉」。その名のとおり はしごのような形をしており シャボン玉が出る部分としては30cmの正方形が横に7つならんでいる。ぷよぷよみたいに 丸いシャボン玉が横一直線に並んで飛んだら面白そうだなと思って作った。

結果は まあ成功といえるんじゃないか。シャボン玉はくっつくとくっついた面が平らになるようで、思ったような形にはならなかったがなんか面白い。7つの射出口からみょーんとシャボン玉が伸びると虹色の鍵盤みたいになる。伸ばしすぎると割れてしまうが、うまいところで切るのも難しい。7つのシャボン玉は大きさによる力関係があるようで、ちぎれた後はその力関係によって形を変える。たぶんくっ付いた全部が同じ大きさくらいだと 横一直線になって飛んでいくんだと思う。

上記のようにコントロールによって色々形を作れそうで面白い。くっ付いたシャボン玉の一部を壊すとどうなるかとか色々技ができそう。レパートリーに加えて問題ないだろう。一つ気になるのは 昼間やると割れやすそうだということ。この日は夕方~夜のシャボン玉が作りやすい時間帯にやっており、それでも難しさがあったので 昼間は結構厳しそう。一度やってみて見極めをしたい。



●軽い装備でのシャボン玉ができるようになった?
この日は夕方からしか時間が取れなかったので、近所の公園にて1時間程度シャボン玉をやった。短い時間なので連玉は用意せず 大玉/中連玉/はしご の3種類だけ持って行った。液の材料も水5L、洗濯のり2本、台所用洗剤1本くらい。いつもより圧倒的に持っていくものが少ないため 用意するのも 現地での準備も 片づけるのも楽だった。

少し前までは 大玉と連玉 くらいしかレパートリーがなかったため、連玉をもっていかないのは自分の納得的に難しかった。ただ今は色々道具が増えてきたため 連玉がなくとも「超必殺技がない」というだけで それなりに形にはなる。

中でも大きいのは中連玉の存在だと思う。シャボン玉をたくさん出す連玉はやれば確実に反響がある自分の目玉だが、色々手間がかかるのが難点。中連玉は同じくシャボン玉をたくさん出す道具だが結構大きいシャボン玉をたくさん出す点で連玉と異なる。やろうと思えばもっと大量にシャボン玉を出すことはできるが、道具をシンプルにコンパクトに作ることで 準備や片付けの手間/液の消費量/扱いやすさ を向上させている。見た目にもそれなりのインパクトを与えられ かつ単純に連玉の下位互換というわけでなく 棲み分けが出来ている。

連玉があるに越したことはないが、中連玉はその代わりにならなくもない。軽い装備と重い装備を使い分けられれば 行動範囲も広げられそう。シャボン玉そのものの強化も面白いけど、もう少しメタな部分のことも考えていくと さらに色んなことができるようになりそうだ。



【前】シャボン玉日記(2016/09/04) - なにかのさしすせそ
【次】シャボン玉日記(~2016/11/06までのメモ) - なにかのさしすせそ