読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シャボン玉】新しい混ぜ物 - 続き

シャボン玉

前回の記事(【シャボン玉】新しい混ぜ物 - なにかのさしすせそ)を書いてから、それぞれの混ぜもの自体の理解が全くないと感じたので少し調べた。


知りたい!ゼラチン・アガー・寒天の違い|お菓子作り・パン作りの材料と道具の専門店|cuocaクオカ

ゼラチン = コラーゲン、寒天 = 海藻。寒天の方が固める力が強い。コラーゲンは粉末が売ってたけど高かったので購入を見送った。ゼラチンがよさそうならコラーゲンでもやってみようか。寒天の原材料が海藻とのことだが、たしかに海藻は粘りがある。海藻そのものから粘り液を取り出して利用することとか出来ないかな。「寒天」を利用するよりそっちの方がよさそうな感じがする。

シャボン玉に狙う効果としては「粘り気向上によるシャボン玉の割れにくさアップ」ってところか。固める性質を考えると大きくしたり伸ばしたりする性能には逆にマイナスかもなと思う。


重曹とベーキングパウダーの違い - 石鹸百科

重曹炭酸ガスを発生させるもの。ベーキングパウダーの主成分は重曹重曹に色々加えて炭酸ガスを効率よく発生させるようにしたものがベーキングパウダー。炭酸ガスってことは、液に混ぜたとしてどんどん抜けてってしまうのかな。ということは液を使う直前に混ぜた方がいいのか?ベーキングパウダーは水と混ぜれば炭酸ガスが発生するけど、重曹は酸を混ぜないと炭酸ガスが出ないらしい。炭酸ガスを発生させるためにこれらの材料を混ぜるのだろうということを考えると、重曹をシャボン玉液に混ぜても炭酸ガスは発生しないことが予想されるため失敗かもしれない。

シャボン玉に狙う効果としては「炭酸ガスによりシャボン玉を膨らませる効果向上 → 大きさアップ」という感じか。液からガスが出てくると割れやすいような気もするがどうなんだろ。とりあえず試してみるしかないな。



今週末に実験を行ってみる予定。