【シャボン玉】ホウ砂を使ったシャボン玉実験14

8/22(土)19:00~20:30頃
前回(【シャボン玉】ホウ砂を使ったシャボン玉実験13 - なにかのさしすせそ)との変更点は【合成のりを使ったスライムシャボン玉液のホウ砂量を変更した】こと。


■シャボン玉液の作成レポート

○A液(洗濯のり比率【3】、ホウ砂1g)
1.水の投入
水を400cc投入。


2.洗濯のり投入
洗濯のり300ccと水200ccをかき混ぜたのち投入。1.と合わせた液をさらに淀みが無くなるまでかき混ぜる。


3.台所用洗剤投入
台所用洗剤100ccと水200ccを混ぜた液体を投入。2.と同様に淀みが無くなるまでかき混ぜる。


4.ホウ砂水溶液投入
水150ccにホウ砂1gを結晶が無くなるまで溶かしたのち一気に投入しかき混ぜる。粘りそこそこ。



○B液(合成のり比率【2】、ホウ砂0.5g)
1.水の投入
水を400cc投入。


2.合成のり投入
合成のり200ccと水200ccをかき混ぜたのち投入。1.と合わせた液をさらに淀みが無くなるまでかき混ぜる。


3.台所用洗剤投入
台所用洗剤100ccと水200ccを混ぜた液体を投入。2.と同様に淀みが無くなるまでかき混ぜる。


4.ホウ砂水溶液投入
水150ccにホウ砂0.5gを結晶が無くなるまで溶かしたのち一気に投入しかき混ぜる。投入当初は粘りを感じたがかき混ぜると粘りが無くなっていく。かき混ぜてもあまり粘りを感じないが、液を掬うとわずかに糸を引くくらいの粘り。


■完成した液

※【】内の数値は比率
○A液
・【9.5】水道水 950cc
・【3】 洗濯のり(PVA)300cc
・【1】 台所用洗剤(チャーミー泡のチカラ 50cc Magica 50cc) 100cc
・ホウ砂 1g

現地でシャボン玉をやる前にかき混ぜてみると、粘りが作成時より感じられなかった。ただ性能は普通。シャボン玉の濁りが強く白っぽい。虹色はわずかに見える程度。液が少なくなってくると粘りが強くなったため水25cc投入。すると濁りが消え虹色もきれいに。性能もアップしたように見えた。この微妙な調整がホウ砂シャボン玉の肝か。


○B液
・【9.5】水道水 950cc
・【2】 合成のり(PVA)200cc
・【1】 台所用洗剤(チャーミー泡のチカラ 50cc Magica 50cc) 100cc
・ホウ砂 0.5g

性能は伸び・持ち・連射ともに良し。色も濃い虹色が出てきれい。粘りが少ないのでシャボン玉が割れる時も綺麗に割れる。ホウ砂量の少なさからか、液が少なくなってきた時の粘りの変化も感じられなかった。今までで一番良い液かもしれない。もう少し粘りを出せればもっと伸びそうか。ただホウ砂をほとんどいれていないため「この結果が本当にホウ砂によるものなのか」がちょっと疑問に思えてきた。ここ最近ホウ砂シャボン玉ばっかりやっているが、実のところそこまでいいものでもないのかもしれない。液に粘りが出るのは確かなのだけど。