最近のシャボン玉液づくり

以前書いた記事から色々変わってきているのでメモ。

※以前書いた記事:1年くらい大きいシャボン玉とかをやってきた私がおススメのシャボン玉液の作り方を教える - なにかのさしすせそ


1.基本液

●水【8】
●洗濯のり【1.5】
●台所用洗剤【0.85】

台所用洗剤は以前と変わらず「チャーミーMagica フレッシュピンクベリーの香り」。以前の記事の構成より全体的に薄くなっている。薄くした理由は 秋ごろからシャボン玉が割れた時に糸が出るようになったから。寒さや乾燥の影響?粘りの糸がでて人にくっつきかねないので、糸が出なくなるまでどんどん洗濯のりを減らしていった。

洗濯のり【1.5】は糸も出ないし、性能も気になるところはない。大玉ができにくい気がしなくもないが許容範囲。シャボン玉の出来をよくするために洗濯のりの比率を上げていったはずだが、なんで半分に減らしても問題ないのか謎。もしかしたら夏に近付くにつれてシャボン玉が割れやすくなるかもしれないけど そうなったらまた比率を増やしていけばいいだろう。

材料を減らすのは「安全」というキーワードからもやりたいことだった。見る人も増えたので そういった面もきちんと考えていく必要があると思っている。台所用洗剤もシャボン玉の出来に影響が出ない線を確かめながら少し減らしてみた。厳密に実験しているわけではないので もっと減らせるかも。

2.基本液 + 薄めたヒアルロン酸入り化粧水

●水【8】
●洗濯のり【1.5】
●台所用洗剤【0.85】
●薄めたヒアルロン酸入り化粧水 【0.1】

薄めたヒアルロン酸入り化粧水とは、もともとの1パック(170ml)を 500mlになるよう水で薄めたもの。これまでは原液を 最後の液補充時のみ使っていた。毎回使わないのは費用面の問題があったからだが、なんとか普段使いできないものかなと思って薄めて使ったところ 結構いい気がしたのでこのまましばらくやってみようと思っている。

はじめの液作成では基本液を、以降の液作成はこの配合を、最後の液補充では次に紹介する液の配合を使う。はじめ基本液でいくのは 節約の意味もあるが、メインは比較のため。まだこの薄めた化粧水を入れた配合の効果がはっきりしないため検証の意図で行っている。

3.基本液 + ヒアルロン酸入り化粧水

●水【8】
●洗濯のり【1.5】
●台所用洗剤【0.85】
●ヒアルロン酸入り化粧水 【0.1】

基本液にヒアルロン酸入り化粧水原液を配合。1.~3.の液まで、基本1セット 水【4000cc】で作っている。なので洗濯のりは【750cc】台所用洗剤は【425cc】 そしてヒアルロン酸入り化粧水は【50cc】となる。

ヒアルロン酸入り化粧水を入れると「シャボン玉が多少大きくしやすくなる」「飛んだあとの持ちが多少良くなる」といった効果があるが、一番の狙いは「シャボン玉の出が良くなる」こと。一度液をつけた後 連続でシャボン玉が出る回数が多くなるのが一番の魅力。それは特に中玉7連や50連玉など 穴数の多い道具で特に力を発揮する。

「大きくしやすくなる」「持ちが良くなる」はもしかしたら気のせいレベルかもしれないが、「玉の出が良くなる」のは体感的に明らか。そしてそれは【0.1】といった少ない比率でも効果が出る。

はじめにヒアルロン酸入り化粧水を試したときは 1セットで1パック(170ml / 800円)を使っていたが 費用に見合った効果が出なかったのでお蔵入りしていた。しかし 玉の出が良くなる効果の発見 そしてそれが 約 1/3 の量(50ml / 270円くらい)で得られることから 採用を決めた。

実際にシャボン玉をやる際は液を切り替えると同時に 50連玉を *3本から *6本に増やす。シャボン玉が出る穴の量は単純に2倍だが、液の強化と夕方頃の日が落ちてきてシャボン玉ができやすくなる効果も加わって シャボン玉の射出量は2.5倍~3倍程になる。


4.網紐用液

●水【8】
●洗濯のり【0.4】
●台所用洗剤【0.4】

4種類目は 網紐専用液。網から出るあわあわは高密度のため あたるとかなりの量液が付く。そのため安全を考慮し 基本液よりかなり薄めに作ってある。薄い液だと大きいシャボン玉はできないが、小さめのシャボン玉の集合体ができる網紐は問題なく運用可能。

液の薄さは安全面に加え コスト面でも優れている。網紐は紐の面積が大きい分 液の消費量がものすごい。そのためあまり材料を使わずに済む液を別に作ったことは、継戦能力を格段に高めた。

網紐はコストが少なく済む上に、子供やギャラリーの反応も良いので かなり優秀な道具。でっかいシャボン玉を出す大玉、たくさんのシャボン玉を出す連玉 とは性質の全く異なるあわあわなシャボン玉ができるため レパートリーに加えるとシャボン玉の幅が広がるので非常にお勧めしたい。

※参考:網紐シャボン玉の作り方 - なにかのさしすせそ



以上。